ホアキン・フェニックス主演 映画「ジョーカー」

お疲れさまです、こんばんは。
急に涼しくなりましたねー。
風邪ひきかけてます。
シモガケでございますー

昨日、ホアキン・フェニックス主演映画「ジョーカー」観てきました。

わりと私的映画史に残りそうな勢いで良作だったと思った

世界は自己と他者でつくりあげられる主観のなかで生きていて、あらゆる二項対立が逆転するとき物語が生まれると信じているワタクシ。
ああいう、嘘か誠か分からない世界を行き来する話が理想のひとつでして。。。

悲劇だと思ってた世界が喜劇に逆転する感じとか。
どこまでが妄想なのか?もしかすると映画全編妄想なのかもしれない的なのが、すごくよい。

あと、映像美はもちろんのこと、個人的には音楽の使い方がすごくよかったんじゃかいかーって思ってます。
あの不協和音のやつとか、サウンドトラックほしいレベル。

多分DVDになったら買うと思う。

私のなかでは、『ブエノスアイレス』『さらば我が愛~覇王別姫~』レベルで最高峰に好きな映画になりそうです(^^)

 

« | »
Tweet