干からびた蛹

次の日の放課後。
知広は誰ともしゃべらず図書館でレポートに取り組みながら、善之介が迎えに来るのを待っていた。

図書館二階の窓際の四人がけの席。
借りてきた本をパラパラ捲りながら、引用箇所をノートに書き写す。

「昨日の怖い彼氏は今日はいないの?」

おもむろに話しかけられ、知広はビクリとした。
隣を見上げると、昨日トイレでぶつかったサーファー風チャラ男が立っていた。

―公衆便所みたいに次から次へと…

昨日の今日で、知らない男としゃべってたら、善之介に怒られるかもしれない。

「ちょっと!ともぴょん!無視しないでよ。」

チャラ男が知広の隣に座ってきた。

「…なんでオレの名前知ってんの?」

「だって、彼氏、呼んでたじゃん。あの身勝手彼氏じゃセックス気持ちよくないでしょー?」

知広は隣の男を睨み付けた。

「だって、昨日トイレでわりとつらそうなあえぎ声あげてたじゃん。オレならさー…」

男が知広のズボンのなかに手を伸ばした。

「…ちょ!!!」

「しっ。ここ図書館だよ~静かにしないと。」

男は知広のぺニスをしごき始めた。

「図書館でチンコ硬くしてるとか、変態だね。」

男がニヤニヤしながら紅潮する知広の顔を眺めた。
知広の息が荒くなる。

「オレなら、ともぴょん、気持ちよすぎてトロトロにしてあげるけど。」

知広は男の手の動きに身を任せていた。
男の声が気持ちよく、右から左へ抜けていく。
知広の頭のなかが真っ白になる。

「ちなみに、これオレの連絡先。坂本っていうから。続きしたくなったら連絡してよ。」

「お前何やってんだよ!?」

次の瞬間、善之介が坂本の胸ぐらを掴んだ。
知広も余韻から覚め、我に返る。

「はぁ!?!?!?」

イケメン同士が掴み合いの喧嘩になって、図書館が騒然とした。

「騒ぐなら出ていきなさい!!!」

一階から上がってきた司書が一括する。

善之介が坂本の胸ぐらを突き放した。
坂本も舌打ちしながら、階段を降りていく。

一瞬緊張したものの、事なきを得て、図書館はまたいつも通り静かになった。
それぞれが人には関心なく、それぞれのするべきことに集中している。

「…ともぴょん、あの男に触られてイッたの?」

座っている知広の股間が濡れているのを、善之介は目敏く見つけた。

「あ…」

知広は目に涙をため、うつむいた。
肩が小刻みに震える。

「…ご、ごめん。」

« | »
Tweet