春野知広と佐々木善之介の話

本当に望んでいた、予期せぬ喜びが訪れると、感情は言葉にならない。
拭っても拭っても、頬を伝い続ける涙を善之介は堪えることができなかった。

…と同時に、むくむくと沸き上がる情欲の炎。

「…善之介聞いてる?」

電話の向こうの状況が分からず、長い沈黙に不安になり、知広が尋ねる。

「…うん。…うん、聞いてる。…今家?」

「…うん。ベッドの上。」

家であることを確認しながら、電話の向こうでは、喜びで天にも昇る気持ちでいっぱいで涙しているのと裏腹に、善之介は悪魔のように囁いた。

「ともぴょん、本当にオレのこと好きなの?」

「…え?」

不安そうな知広の声が聞こえる。

「ともぴょんが、本当にオレのことが好きだっていう証拠、見せてよ。」

「…証拠って?」

「オレのこと思って、ひとりエッチしてよ。脱いでさ。」

善之介が目頭を指で擦りながら、しかし、口許には下卑た笑みを浮かべながら、指示を出す。

「右手で首筋から乳首触って。」

「…え?…あ、、、うん。。。」

ゴソゴソと音がする。
衣服を脱いでいるのだろう。

「…んっ…あ…」

しばらくすると、知広が小さく漏らす嬌声が聞こえ始めた。

「相変わらず、乳首感じやすいね。自分で触ってるだけでしょ?気持ちいい?」

善之介がニヤニヤしながら尋ねる。

「…う…うん………ふっ…あ………」

知広が健気に、感じながら答えた。

「…ねぇ。善之介…チンコ弄っていい?」

「ともぴょん、早くない?」

「…ん…善之介の声、聞きながら思い出してしてたら、…ちょ…硬くなってきたから。。。」

知広が涙声で訴える。
知広が感じながら自らの名前を呼ぶのに、キュンと胸が締め付けられた。

「いいよ。」

善之介は、胸が高鳴るのを抑え、静かに指示を続ける。

「動画でチンコ写して。続けて。」

知広は素直にカメラで写しながら、自らをしごき始めた。

「うん………うっ………あ………あっ………は………」

荒い息づかいに、うめき声が混じる。
息づかいが荒く早くなるのに従い、知広のぺニスは硬さを増し、ぬるぬると我慢汁を出し始めた。

「うん……あっ……善之助………善之助っ!…好き!!!」

知広のぺニスからびゅるびゅると白い精液が勢いよく出る。

「ともぴょん、相変わらず早いね。」

善之介が動画を見ながら呟いた。

「ともぴょん、その精液、ディルドにつけてさ、オレのことだと思いながら、自分でケツに出し入れしてみて。」

「…え。」

思いがけない善之介の指示に、知広は愕然とした。

―オレは善之助の玩具なのだろうか?

善之介のものだと思っていた自らを、道具で自ら汚すことに、知広は抵抗を覚えた。
急速に胸から腹のあたりが冷えていくのを感じる。

« | »
Tweet