春野知広と佐々木善之介の話

佐々木善之介がホテルに戻ると、シャワーを浴びた。
頭からシャワーを黙々と浴び、気持ちの整理をしたかった。

髪を拭きながらバスルームから出てきたそのとき、LINEの着信が鳴った。

春野知広からの着信だった。

「…もしもし?」

携帯に出るべきか、一瞬迷ったが、村瀬悠希の「大事にしてあげてよ。」という別れ際の言葉が思い出されたのだ。

「…善之介?」

知広の少し震えているような、緊張している声が聞こえる。

「あのさ…」

沈黙が流れる。

「…あのさ、会って話できない?」

善之介は少し考えた。
今会ってなにか進展あるだろうか?

「…会ってなに話すの?」

善之介が率直に疑問を投げ掛けた。

「…それは…」

知広は黙ってしまった。

「…まだ距離置くってほど置けてないと思うんだけど。ちょっとオレはまだ気持ちに自信が持てない。」

沈黙が続く。

「………」

「………」

「…じゃあ、切るね。」

「…待って!!!」

善之介が電話を切ろうとしたとき、知広の声が聞こえた。
善之介は目を伏せながら大きな息をつき、電話を耳に当てた。

「オレの気持ち伝えてなかったから…オレの話、聞いてよ…」

泣きかけているような知広の震える声。
押さえきれない息づかいが聞こえる。

「…オレ、オレね。オレ…善之介のこと好きだから!」

善之介の胸も高鳴る。
なぜだろう、目頭が熱くなった。

「…はじめは強姦だったし、なにがなんだか分かんないまま、お前に犯され続けてたし。しかも、オレ、なんかヤり捨てされたのかもしれないけど。…オレ、お前のこと好きなんだ。」

途切れ途切れにゆっくりと、しかしながら、はっきりと知広の声が聞こえてくる。

―あぁ、オレはただ、ともぴょんからこの言葉がほしかったのかもしれない。

善之介はひとりで納得した。
訳も分からず熱くなった目頭から、止めどなく涙が溢れてくる。
高鳴って緊張した胸から、ほっと沸き出してくるあたたかな安堵感。

「…オレ、善之介のこと好きだから。…だからね。…て、聞いてる?」

知広が善之介に尋ねる。

「…うん。…うん。。。」

善之介は溢れる涙を手で拭いながら返事をした。
ほっとしたのか、電話の向こうで知広が大きな息をつくのが聞こえる。

「…だからね、オレ、いつでもいいから。善之介に戻ってきてほしい。」

知広が静かに話す。

「…いつでも。この部屋で待ってる。」

« | »
Tweet