春野知広と小野さよ子の話

さよ子と二人きりで飲むのは初めてかもしれない。
お昼を食べたり、お茶したり、そういうことは何度かあったけれども、夜こうして二人きりで会うのは初めてだ。

それにしてもさよ子にフラれて約1ヶ月。
自分からフッておいて、今さら「謝りたい」なんて自分勝手にも程があるというのは、分かっていた。
人の心を弄ぶのもいい加減にしてほしい。

思ってはみたものの、オレは怒ってはいなかった。
むしろそんなさよ子に翻弄される自分が愛しくすらあった。

好きだと分かっている相手に「謝りたい」―許しを乞て、まだなんらかの関係を継続したいという意思表示に、オレは微かな希望を持っていた。

好きなヤツにフラれたとか?
離れてみて、オレが必要だってことに気づいたの、とか?
さよ子に付き合ってください、なんて、言われたりして。

つまり、オレはまださよ子が好きなのだ。

「ごめんねー。待ったー?」

さよ子が遅れてくるのはいつものことだ。
女の子らしい小さなカバンを肘にかけて小走りにやってきた。
ふんわりとした膝丈スカートが揺れている。

「全っぜん待ってないよ!」

かれこれ30分ほど待ってたが、むしろさよ子のことしか考えない、待っている時間はオレには楽しい時間だった。

居酒屋で、オレたちはとりとめのない話をした。

学食の冬限定鍋焼うどんを食べただとか。
ゼミのレポートがウザいとか。
さよ子の友だちの架純にも彼氏ができたとか。

一通り飲み食い、酔いが回ってきたころ、さよ子が改まって切り出した。

「…あのね、春野くん。
この前は、気持ちに応えられず、ごめんなさい。
告白してくれて、嬉しかったです。」

「いいよ、別に。気にすんなよ。」

茄子の一夜漬けをボリボリ食べながら、「度量の広いオレ」をアピール。

「…で、好きなヤツとはうまくいってるの?」

「余裕あるオレ」をアピール。

「それなんだけどね…」

「…うん。」

「フラれちゃいました。」

オレは、箸の動きをさすがに止めた。

キタ━━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━━!!!!!

心臓が狂喜乱舞する。

「…そっか。」

こんなとき、どう言えばいいのだろうか。
沈黙が続く。

「…で、オレにどうしてほしいの?」

オレのS心がムクムク沸き上がり、聞きたいような気もしたけれど、それはさよ子を無駄に傷つけてしまうんじゃないか?という気持ちが勝る。

こんなとき、なんて言うのが、正解なんだろう?

「…じゃあ、オレんとこ来いよ。」

緊張で声がひっくり返らないように、おさえめの声で言うのがまた自分的にはおかしかった。
正面からさよ子を見つめていうことはできなかったけれど、これであってるのだろうか?

キザすぎてさよ子に笑われはしないだろうか。
ドン引きされてたりして。

オレは顔をあげるのが怖かった。
立て続けに2回も傷つくのは本当に怖い。

« | »
Tweet