春野知広の引っ越し

確かにオレは引っ越すことを決心したんだけど。

アパートの部屋のオレの荷物がない。

ない!

ない!

キレイさっぱりない!!!

脱ぎっぱなしで置いてた服も!
敷きっぱなしの布団も!
読まずに積んどくだけの本も!

どこへ!?!?!?

「とーもぴょん♪」

久しぶりに聞いた声に振り向きざま、パシャリ!
写真を撮られる音がした。

「驚いた顔もかわいいねぇ。」

そこには善之介が立っていた。

「林家ぺーか!?」とツッコむ間もなく、善之介が言った。

「部屋の荷物、全部処分したよ」

「しょ…処分?」

「そー、処分したよ、全部。」

善之介がオレの肩を抱き寄せ、続ける。

「ともぴょん、ボロアパートで壁が薄すぎて嫌がってたじゃーん。
うちに来なよ。」

「はぁ!?」

たじろぐオレの肩を掴んで、善之介がスマホのカメラスクロールを見せる。

「ともぴょんの写真いっぱいあるからなー」

善之介のスマホのなかには、オレ、オレ、オレ、オレ、オレ…

「特にこないだのともぴょん、かわいかったから、いっぱい撮っちゃった。」

そこには下半身が精子にまみれた、全裸のオレの写真が大量にあった。

「…こ、れは…?」

善之介がニヤニヤしながら涙目のオレを見る。

「動画は余裕なかったから撮れなかったのが残念なんだけどね。
うちに来なよー。来るよね?」

喉がカラカラに干上がるのを感じる。
オレは声も出せずに、ただうなずくしかなかった。

« | »
Tweet