昨日の出来事

昨日のことは覚えていない。
春野知広は思った。

例え覚えていたとしても、覚えてない。

昨日は、さよ子にコクって、フラれて、善之介と酒飲んで
泥酔して、家まで送ってもらって、それから…

それから…?

「ケツいて。」

起きたら昼の12時をすぎていた。
あまり気分じゃなかったけれども、二日酔いには食べるのが一番だから。
多分昨日の夜善之介が買ってきてくれたのであろう、パンを食べた。
パンの横にはソルマックが置いてあった。
それも飲んだら少し気分がすっきりしたような気がする。

「シャワーでも浴びるかー」

服を脱ぎ、シャワーを浴びる。
ぼんやりしていた頭が働き出して、感覚が甦る。

さよ子にコクってフラれたことなんか遥か遠い昔のことで
泥酔して、善之介に送ってもらったことが昨日のこと

それから、何回もキスした上に、舌まで入れられたこととか
下半身をいじり回されて、舐められて、イッてしまったこととか
ケツに指入れられたこととか
指ってゆーか、ちんこ入れられたこととか

…ついさっきのことのように思い出されるのだけども。
「覚えてない」で押し通す予定。

知広はすでに心に決めていた。

過去のことは過去のこと。
自分の記憶のなかのことなら、忘れたことにしよう。

女に振られて、男に掘られたとか!
黒歴史すぎて、闇に葬り去る以外にどうすればいいのか、分からないというのもある。

過去のことよりも問題は未来のことで。
明日以降、さよ子とはゼミで会うし
距離は置くつもりでも、善之介だって会うことになるかもしれない。

そのときどんな顔して会えばいいんだろうかと考えて、知広はなかったことにしようと思ったのだった。

« | »
Tweet