2019年10月

2019.10.26作成 

Weekend, the End

(2019.10.26更新)

坂本は顔を隠すかのように頬杖をついて、再びため息をついた。 「…大丈夫?」 そっとしておいた方がいいのだろうか。 悠希は迷いながらも尋ねた。 坂本がギロリと、落としていた視線を悠希に向けた。 瞳は潤んでいて涙目だ。 悠希 […]

2019.10.26作成 

King & Prince 平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人主演『JOHNNYS’ ISLAND』2019-2020 当落

(2019.10.26更新)

お疲れさまです、こんばんは。 サイトの更新等滞っておりました。 ご無沙汰してます。 シモガケでございますー 10月20日、最終更新でしたので……5日間お休みしておりまして、申し訳ございませんでした。 体調崩したり、仕事。 […]

2019.10.20作成 

Weekend, the End

(2019.10.20更新)

週末、代官山。 雲ひとつない青空の下、緑に囲まれたオープンカフェは気持ちがよかった。 隣に座っている若い夫婦が連れてるトイプードルが無邪気に舌を出してこちらを見ている。 悠希はニコニコして、トイプードルの方を見ながら、ア […]

2019.10.20作成 

野田秀樹演出 松たか子・上川隆也・広瀬すず・志尊淳出演『NODA・MAP 第23回公演 Q 〜A Night At The Kabuki〜』

(2019.10.20更新)

お疲れさまです、こんばんは。 度々すみません。 シモガケでございますー 昨日、映画『ジョーカー』観てきた話をしましたけれども。 芸術の秋ですね。 本日は、新歌舞伎座にて、野田秀樹演出 松たか子・上川隆也・広瀬すず・志尊淳 […]

2019.10.20作成 

ホアキン・フェニックス主演 映画「ジョーカー」

(2019.10.20更新)

お疲れさまです、こんばんは。 急に涼しくなりましたねー。 風邪ひきかけてます。 シモガケでございますー 昨日、ホアキン・フェニックス主演映画「ジョーカー」観てきました。 わりと私的映画史に残りそうな勢いで良作だったと思っ […]

2019.10.19作成 

Sleeping Beauty

(2019.10.19更新)

―――参ったな。 悠希の傘に二人で入り、歩きながら坂本は思いを巡らせた。 飲んで行き釣りでセックスしてしまったことは何度かあった。 撮影のあと打ち上げで飲んだ勢いで、その日知り合った「女優」を抱いたこともある。 ただそれ […]

2019.10.18作成 

Sleeping Beauty

(2019.10.18更新)

ザーッと強めの雨音がしている。 夜が明けたのだろう。 頭上のカーテンレールを見ると青白く薄明かりが漏れていた。 「…うっ…………ん。」 坂本は布団に顔を埋めた。 明らかな二日酔いで、頭がガンガンと痛み、胸焼けがする。 今 […]

2019.10.17作成 

Sleeping Beauty

(2019.10.17更新)

オレはそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。 真珠貝は大きな滑らかな縁の鋭い貝であった。 土をすくう度に、貝の裏に月の光が差してきらきらした。 湿った土の匂いもした。 穴はしばらくして掘れた。 知広をその中へ入れた。 […]

2019.10.16作成 

Sleeping Beauty

(2019.10.16更新)

「………あっ!……………あっ!…あっ!あっ!あぁ!坂本………」 オレは夢を見ながら、きっとこれは夢だと分かっていた。 オレは知広を好き放題に犯したあと、腕組をして枕元に座っていると、仰向きに寝た知広が静かな声で 「もう死 […]

2019.10.15作成 

Sleeping Beauty

(2019.10.15更新)

「ぃらっしゃいませ~!!!!!」 活況な居酒屋の雰囲気とは裏腹に、二人はなにを話すでもなく、静かにジョッキを傾けていた。 「オレなんか好きになるの辞めちゃえよ。」 ビールを飲んでハイボールも2杯3杯と進んできた頃、坂本が […]

2019.10.14作成 

Sleeping Beauty

(2019.10.14更新)

坂本の家は高井戸にある。 今日はいろいろなことが起こりすぎた。 学校に行き、それから仕事。 仕事では思うように勃起することができず、本郷に迫られた。 ぐったりと疲れきった坂本はベッドに横になり、携帯電話を観た。 「週末時 […]

2019.10.13作成 

A King’s Suffering

(2019.10.13更新)

撮影は代役で進んでいった。 隣の部屋から男の動物のようなあえぎ声がうっすらと聞こえてくる。 坂本は別室で、ぼんやりと、足を組んで座っていた。 嫌がる知広をレイプしかけ、佐々木善之介(ささきぜんのすけ)と街中でケンカ。 撮 […]

2019.10.13作成 

ヘンリック・イプセン『人形の家』

(2019.10.13更新)

お疲れさまです、こんにちは。 予定のない三連休、いかがお過ごしでしょうか。 シモガケでございますー 私は午前中、ペーパードライバーを克服するべく車の運転の練習をして。 ランチ後、ヘンリック・イプセン作『人形の家』読んでし […]

2019.10.13作成 

【雑誌の付録に踊らされる女】大人のおしゃれ手帖 & In Red 11月号

(2019.10.13更新)

お疲れさまです、こんにちは。 関西は台風一過……晴れ晴れしているとは言えませんが、朝からコンビニ行くぐらいにはのんびり…… 台風来ている地域のかたはお気をつけくださいませ。 シモガケでございますー 今回はね、またまた雑誌 […]

2019.10.12作成 

『イヴ・ド・パラディより愛を込めて』完結。『マワタデクルム。~A King’s Suffering~』の連載開始

(2019.10.12更新)

お疲れさまです、こんばんは。 台風が心配ですね。 シモガケでございますー 台風のため出勤せねばならないかな……と思っていたのですが。 出動することなく、関西は台風通り過ぎました。 東海・関東のみなさまはお気を付けください […]

2019.10.12作成 

A King’s Suffering

(2019.10.12更新)

坂本球太郎(さかもときゅうたろう)―通称キング。 ゴールデンレトリバーを思わせる、整った顔立ちと、程よく日に焼けた引き締まった肉体が美しい。 そしてなにより、彼が「キング」と呼ばれる由縁は、その巨根っぷりと勃起する勢いに […]

2019.10.11作成 

パリへ

(2019.10.11更新)

私は今、サバティエの港に降り立つ。 ――我が祖国!プランセールよ!!! 私はプランセールの大地に足を踏みしめ、プランセールの空気をこれでもかと言うほど胸いっぱいに吸い込んだ。 海鳥が私の到着を待ちわびていたかのように、高 […]

2019.10.10作成 

華麗なる復讐

(2019.10.10更新)

陽光が溢れ、鳥は囀《さえ》ずり、花が咲き乱れる。周囲に集まったありとあらゆる動物たちが無言のまま祝福してくれている……そんな幸せな楽園に住む住人は自分たち二人だけだと言わんばかりだ。幸せ一杯なのだろう。朝陽が昇る中での素 […]

2019.10.9作成 

結ばれる運命

(2019.10.9更新)

ビニスティ氏とサラの告白を受けた後、私たちはそれぞれ別室でデュムーリエ警部とフィデール刑事に一応の事情聴取を受けた。それはほとんど簡易的であり形式的なものだった。 この個別の事情聴取も終え、アーネストと私が捜査本部になっ […]

2019.10.8作成 

隠された動機

(2019.10.8更新)

「……ビニスティさまが、イヴさまの……イヴさまの想い人でしたか」 ビニスティ氏の告白を無言で聞いていたサラは、元々は細い目を大きく見開いて、普段は真一文字に結んでいる口を半開きにし、驚いた様子でビニスティ氏の顔を見詰めて […]

2019.10.7作成 

第1の犯行計画

(2019.10.7更新)

「バートラムさん、先ほど貴方は、ビニスティ氏が『第一の犯行を失敗した』と仰いましたが、アーサーさんの殺害が目的じゃなかったんでしょうか?アーサーさんの殺害自体は達成できてますよね?……それでも失敗ですか?」 メモを取るの […]

2019.10.6作成 

第2の犯行計画

(2019.10.6更新)

我ながら珍しくパッチリと目を覚ました。こんなにスムーズに瞼が開くことはまずない。余程ぐっすり眠ったのか、頭がスッキリとして爽快だ。 目覚めて初めて目にしたのは、私を上から見下ろすアーネストの顔だった。丸顔にいつも通りの虚 […]

2019.10.6作成 

King & Prince 平野紫耀・橋本環奈 主演『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』

(2019.10.6更新)

お疲れさまです。こんばんは。 立て続けに映画の話ですみません…… 田舎住みなので、娯楽がないんです笑 シモガケでございますー 今日は、King & Prince 平野紫耀・橋本環奈 主演『かぐや様は告らせたい~天 […]

2019.10.6作成 

三谷幸喜監督・中井貴一主演 映画『記憶にございません!』

(2019.10.6更新)

お疲れさまです、こんにちは。 9月末のアルファポリス 第12回ファンタジー小説大賞も投票終わりまして、小説の方は執筆お休み気味…… シモガケでございますー。 さてさて。 今回は、9月最終週に観に行って参りました、三谷幸喜 […]

2019.10.5作成 

グッド・ナイト

(2019.10.5更新)

残された私たち三人は、アーネストが去った後も暫《しばら》くは、なおも重苦しい空気の中、沈黙し続けた。アダムス男爵は頭を抱えたまま。ビニスティ氏はウィスキーを片手にグラスを回しながら斜《はす》に座って床をじっと見詰めている […]

2019.10.4作成 

最後の晩餐

(2019.10.4更新)

908号室――アダムス男爵の部屋の前には19時に集合予定だったが、ビニスティ氏を待たせるわけにはいかないので、私たちは18時45分には着いていた。 「やあ」 廊下の向こうからビニスティ氏とその執事ポールが歩いてくるのが見 […]

2019.10.3作成 

カフェ・ノワゼットを飲みながら

(2019.10.3更新)

「……いやぁ、女は怖い」 コーヒーを淹れながら呟く私の後ろでアーネストはソファに座り、黙りこくってなにか思案しているようだった。両手を組んで人差し指、中指、薬指とそれぞれ左右交互にくるくる回して遊んでいる。 「お前、よく […]

2019.10.2作成 

黒い噂

(2019.10.2更新)

この船の乗客たちは各々自室待機を命じられているものだと思っていたが、喫煙室にはちらほらと煙草を吸う紳士たちが集まってきていて、 立ったままの者やソファに腰掛ける者など銘々好きな格好で煙草をふかしていた。 ゆらゆらと揺れる […]

2019.10.1作成 

アダムは、いない

(2019.10.1更新)

「……質問遮ってごめん」 アダムス家の女性陣が食堂から立ち去っていく背中を見送って、私は隣に立っているアーネストに一言謝った。 「……いや」 彼は特に気にした風もなく口のなかで呟いた。私の方に向けることもなく、そのぼんや […]

Tweet