LGBTQ+……Xジェンダー?

お疲れさまです、こんにちは。
シモガケでございますー
心の中では自分の人生にひとつの決断を下したものの……4連休。人並みに穏やかに過ごしております。

で、アイロンかけててふと思った。

まー、その『決断』についてなのですが。私の中ではなんだか清々しくもあるんですよね。
もちろん手術受けるし。
普通の人並みの幸せというものは手放さなければならないので、ストレスではあるんですけど、よく分からない解放感があって。
これなんだろうなー……って思ってたんですけど。

前の前の記事とかで、昔は自分よりも劣っているように思っていた年下女子が8歳年下の男の子と結婚するのに、私はなんで!?っていうようなことも書きましたが。
そういったことを書けるぐらいにはライトなんですよ。

なんつーか。
結婚とか含め、人間関係って縁のもので。
普通の「女としての幸せ」を手に入れるという点で勝ち負けはあるかもしれないけれども、基本多分だいたい同じレベルの人が結婚するものだと思っているので、優劣で語れるものではないし。

そもそも「女」であることが嫌
というか、なんか枠にハマるのが嫌っていう場合もあるよなと。
アイロンかけながら思い当たった。

分かんないけど。
結婚するほうが、経済的には楽になるだろうなーとか。
世間体がいいとか、親が安心するとか。
そういう外的要因からすると、私の決断なんてのは、わりと重いものだと思うんだけど。個人的には、即決できちゃう解放感。
むしろそうしたいと思ったりし始めた。

いやぁ、自由だなと。

親とかは嫌がるんですけど。
なので、悩んだふりして持ち帰ったけど、私は私の決断は悪くなんいんじゃないかなと思えてきた。

てかね、前になんかで書いたか分かんないけど、私、あんまり恋愛好きではないんですよね。そういう雰囲気になると脱兎の如く逃げる。

自分の性別に違和感があって男性になりたいとは思わないんですが、「女性」であることを意識させられるのが本当に苦手。

そもそも性別っていう概念が好きじゃないのかな。
親とかと話しているとものすごいギャップはある。
それは世代間的なものかもしれないのだけど、多分気持ちの問題はあまり理解されないので喋らないのだけども。

ああ、こういうのXジェンダーっていうのかなと、ふと思った。

なんでねー……
結婚とか出産とかいう制度には乗っかりたいというか。
乗っかったほうが、人生イージーモードだなと思ったりするのですが、いや、無理ですって宣言してしまうのは、それはそれで楽だなと。
これはそういう解放感なのかな。

思えば、人間社会において「何者かになる」っていうのが社会通念上、喜ばしいことだとされているのだろうかと思ったのだけど。
学生になったり。
社会人になったり。
妻になったり。
母になったり。
祖母になったり。

ね。

でも、個人的には、何者にもなりたくないっていうのがホントのところ。
それは孤独だけど、自由。

それが私らしさってヤツなのかなと、今日、気づいた。

 

« | »
Tweet