【政治的発言はどちらかというと控えたいが】大阪都構想と日本学術会議に思うこと

お疲れさまです、こんばんは。
週末ひきこもりの田舎在住子ども部屋ヲバサン、郷ノ上でございますー。

寝すぎて逆にしんどい。

さてさて。
政治と宗教の議論はいろんな考え方があるのでどちらかというと避けるタイプなのですが。
本日大阪都構想投票日、かつ、私は大阪市民ではないので爆
関係ない野次馬根性を発揮して、今話題の表題の2点について発言させていただけましたら、幸いです。

まずは大阪都構想について。
私個人的には、そうですね。
大阪市民ではないので笑
賛成・反対明確にするつもりはないのですが。

先日NHKでの関西熱視線「大阪都構想」についての討論見てたのですが。
松井市長って感情的すぎないですか?

個人的には、大事な問題だと思うので、感情論ではなく、冷静にメリットデメリット精査すべきだと思うんですよね。

特にお金の問題ってシビアに見るべきで。
物理的に財源大丈夫なんですかね?
お金って大事ですよ……って思います。

あと。
個人的には官公庁って、平時は対して重要ではないと思ってて、その真価が問われるのって有事の時なんじゃないかなーと思ってます。

新型コロナウイルス感染症対策とか災害時を考慮してないのは……???
民間とは異なり、有事の際、官公庁は動かないといけませんからねぇ。。。
単純に平時のことだけ考えて、コストカットっていう考えだけでやると、万一のとき首締めちゃうんじゃないかなぁ。

確かに既得権益もあるかもしれませんが。
……維新の人たちはこの10年の功績として、わりとそれ浄化したんじゃないのかい???

さらに、都構想しなければならないのだ!
二重行政を解消しなければならないのだ!
っていう理由、具体的なのないのかなー???って感じますかね、個人的には。

コストカットガー
公務員ガー
って言ってるけど。
万一のことを考えると最低限必要なことってあると思うんですけどねー

まぁ。
ワタクシ、大阪市民ではありませんので。
最終、大阪に住んでる人が決めるんでしょうが、私なら住みたくないなって思っちゃうかな。

東京住んでた身からすると、東京の特別区比較、人口同レベルでさらにお金ないってわりとヤバいんじゃないの?って感じますけどねー

* * *

日本学術会議について。
そもそも国から10億円補助してまで存続するほどのもの???っていう議論は必要だと思います。
口は出すな!金だけくれ!ってなかなかスゴイ図々しいとは思うので、そもそもの存在意義は考え直したほうがいいのかなとは感じるのですが。

でも、組織あるってこと前提になってる今の状況だと、推薦のあった6人を任命しないのは、政治による言論統制を感じますね。
正直、香港か!?って感じなくもない。

学問の自由は犯してはいないと思うんですけどね。
別に、個人の学問についてとやかく言ってないでしょ。
自由に学べばいいと思いますよ。

ただ、言論統制には感じる。
任命しなかった理由なんてハッキリ言ったらいいんじゃないですかね?
理由はわりと言論統制だとは思うので、自由主義の日本には合わないのでは?

だから、今回のことは今回のこととして、謝って、個人的には任命したらいいんじゃないかなと。
言論統制しなくていいじゃん?
いきなり強権的に今慣行打破する意味が分からない。

そして、それとはまた別問題として
日本学術会議の今後の有り様は考えるべきなんじゃないですかねー?
そもそも10億円と、人員リソース配分する意味はわからんです。

学問を政治から独立させるべきだというのは分かります。
私もそれは危ういと思う。
独立させて、お金も払わなければ良いじゃないのって思いますよね。

 

« | »
Tweet