ハニトラ!

「…なんでもするから!!!」
さよ子のほうに向かおうとする善之介にすがりつき、オレは懇願した。
「なんでもするからさよ子には手をあげないでくれよ…」

善之介は目を細めてオレを見た。
「…じゃあ、舐めて気持ちよくしてよ。」

オレはさよ子のほうを見た。
こちらを見たさよ子と目が合う。
それに気づいてか、気づかないのか、善之介が続けた。

「フェラしてよ。」

オレはさよ子から目をそらした。

…やるしかない。

善之介のズボンのチャックを降ろし、善之介のソレを取りだし、舌で舐め始めた。

「…くわえて。」

戸惑いながら、先のほうをくわえる。
ソレはぬるぬるしていて、しょっぱくて生臭く、初めてのオレはすぐに鼻を背けたくなったが、善之介は続けた。

「もっと奥までくわえてよ。」

オレはできるだけ息をとめ、喉の奥までくわえこんだ。
舌が押さえつけられ、オエッとなる。
涙目になりながら、上目遣いに善之介を見上げる。

善之介はオレの頭を押さえつけ、腰を前後し始めた。
喉の奥を突かれ、吐きそうになるけれども、オレは一生懸命舌を動かした。

「…はぁ。」

善之介の息が荒くなり、腰の動きも早くなる。

「…もぉ…あ…」

善之介がオレの頭から手を離す。
オレは、くわえてたのを離し、大きくぷはっと息をした。
よだれがダラッと口から顎を伝う。

「ともぴょん、入れさせて…」

善之介はオレの上半身を押し倒し、ズボンを急いで降ろし始めた。

「ちょ、ちょ、ちょっと…」

オレはズボンに手をかけた。

「ともぴょん、フェラしながら自分も勃ってたの?」

善之介がニヤニヤする。

「女の子に見られながら、男にフェラして興奮してたんだ。」

わざとさよ子に聞こえるように言ったのだろうか?
オレは真っ赤になって、下を向いた。

「このままさよ子ちゃんに見られながらヤったら、ともぴょんもっと興奮する…」

「…イヤだ!!!」

オレは慌てて声を荒げた。

「…だって。」

善之介が振り返り、さよ子に言う。
唖然としていたさよ子が、驚いて我に返る。

「向こう行けよ。」

さよ子がキョロキョロして、モタモタしていた。

「ま、待てよ!!!」

イライラした善之介はベッドの脇にある時計を手にし、さよ子に投げつけようとするのを必死にとめた。

「さよ子、早くっ…善之介!!!」

オレは善之介に首に腕を回し、キスをした。
舌を入れ、口腔内を舐め回すと、善之介が舌を絡めてきた。

「…ふ…」

舌を入れ直しながら、さよ子が風呂場のほうに這っていくのを横目で見つつ、オレは善之介とベッドに倒れこんだ。

 

« | »
Tweet