入来昭仁の話

さすがに11月ともなると夜は冷え込むなと入来昭仁(いりきあきひと)は思った。
寮住まいだから部室まですぐそことはいえ、風呂上がりの身体だ。
もう一枚上に着てればよかった。

ケータイなくしたことといい、今日は失敗続きだ。

「多分部室にあると思うんだけどなー…」

暗い部室棟のなか昭仁は足早に英会話サークルの部室へと向かう。

暗い廊下を歩いていくと、部室に明かりが点っているのが見えた。
…こんな時間に誰かいるのだろうか。

昭仁は戸惑いながら、そろりと扉を開けた。

「…春野…くん?」

春野知広が驚いた表情で昭仁の顔を見た。

「…こんな時間に部室でなにしてるの?」

「…お、お前こそ、こんな時間に何で部室なんか来たんだよ?」

昭仁の質問に知広が鸚鵡返しに切り返す。

「オレはケータイ忘れたから取りに来ただけだけど。」

机の上に忘れていたケータイを指差して行った。

「あったー…よかったー!」

昭仁はほっと胸を撫で下ろした。

「…で、春野くんは?」

「オレはぁ…」
春野知広は面目無さそうに呟いた。
「…家、追い出されちゃってさ。」

「ええ!?今どきそんな人いるの!?なんで!?家賃滞納とか?」

「…いや、そういう訳じゃないんだけど。」

知広の困った顔に、昭仁は、なにか自分には言いにくい事情があるのだなと思った。

「ま、いいや!言いづらかったらまた今度でいいし。
てか、ここ寒くない?
部室に泊まろうとしてたの?」

知広はうなずいた。

「寒いけど…行くとこないし。マン喫とかにいこうかとも思ったけど、あんまお金もないんだよね。」

「…なかなか無謀だね。」

昭仁は言った。

「寮だけど。もしよかったらオレの部屋にきなよ。
同室の先輩彼女んとこ泊まってて帰ってこないし。」

 

« | »
Tweet