春野知広とその母親の話

セックスしたあと、オレたちは眠っていたようだ。

風呂場で失神したせいもあったのかもしれない。
今日もいろいろあって疲れてしまった。

今ただ眠りたい。
現実が夢なのか。
夢が現実なのか。
夢か現か分からなくなればいい。

善之介がオレの後ろ手ごそごそするので目覚めたときには、外が白んでいた。
6時前だろうか。

微睡みのなか、善之介がオレを後ろから抱き寄せ耳元にキスをする。
抱き寄せた手は、しばらくオレの腹を撫でていたが、触れるか触れないかのように。
柔らかく円を描きながら、腹から下腹部、そして、オレ自身の方へと降りていく。

「…んんっ」

棹からカリのほうをゆるゆるといじられ、オレは、たまらずピクリと身体を震わせた。
善之介はゆっくりとやさしくオレのカリをなで続ける。

「…ん………やめて…」

オレは善之介のほうに身体ごと向き直った。

善之介は目を瞑って眠っているようだった。
長いまつげが頬に影を落としている。
きれいな横顔だった。

「…やめない。」

目は瞑ったまま。
両手でオレの腰を抱き寄せた善之介の手が、オレのケツをねっとりと撫でまわす。
そして、オレの唇を塞ぐように、キス。

「…ふ」

ゆっくり舌を絡ませあい、口のなかを愛撫されるのが心地よい。
気だるい空気のなか、このまま溶け合って、オレたちはひとつになるんだろうか?

これは現実なのだろうか夢なのだろうか…

オレは夢であってほしいと思った。
夢ならあるいは―

男と寝ることもありなのかもしれない。

そして、夢なら、このまま永久に覚めないでほしいと思った。

白いシーツにくるまれたまま、永遠に二人だけ。
抱き合ったまま眠り続けてもいいだろう?

 

« | »
Tweet