春野知広と佐々木善之介の話

春野知広は、裸でベッドに横たわったまま、激しく求め合い、濃厚に愛し合った余韻に浸っていた。
力強く突かれた臀部の刺激と、精液で汚されぬるぬるとした感触すら心地よい。

そんな知広の髪を、頬を、しばらく撫でていた善之介が、おもむろに立ち上がろうする。

「どこ行くの?」

知広が半身を起こして、寂しげに、心配そうな声をかける。

「シャワー浴びてくるだけだよ。」

善之介が知広の頬を撫で、優しくキスをする。
唇を離そうとすると、さらに苦しいほどディープなキスをねだる知広を、善之介は静止した。

「離れたくない…」

知広の目から涙がポロリと零れた。

「…そばにいてよ。」

「…うん。」

善之介が親指で、知広の涙を拭う。

「善之介…好きだよ………愛してる。」

 

« | »
Tweet