春野知広と村瀬悠希の話

「ともぴょーん、大丈夫?」

テーブルに突っ伏したままの知広に、坂本が話しかける。

「…よかったじゃん。彼氏と終わってなくて。」

知広の髪に触れて微笑む坂本が、心なしか寂しそうなのを悠希は感じ取った。

「…よくない。…全っ然よくない。」

知広がむくりと起き上がる。

「オレはそんな変態じゃない。」

「『変態』って…」

困惑したような坂本をよそに知広は続けた。

「オレは、普通に女と恋愛して、普通に学校卒業して、普通に就職して、普通に結婚して、普通に子どもつくって、田舎でいいから普通に家建てて、普通に暮らすの!オレは…」

知広は水を飲み干した。

「オレは…いくら掘られたって!気持ちよくたって!男なんか好きにならない!!!」

エキサイトしてつい大きな声になったからだろう。
周囲の学生が一斉に、知広のほうを見た。

「まぁまぁまぁまぁ…落ち着いて!」

悠希が慌てて止めに入る。

「ここじゃなんだからさ、うち来る?…よ、よかったら…キン…えと?名前は?」

「オレ坂本。」

「もしよかったら…よかったら坂本くんも。」

坂本が二人の顔をしばらく交互に見つめる。

「…うーん、今日はやめとくわ。キミら二人もいたら襲っちゃいそうだし、体もたねーし、きっと。」

坂本は冗談混じりに微笑んで、手を振り立ち去った。
悠希の目には、坂本がガックリ肩を落としてるようにも見えた。

ビールにチューハイ。そして、おつまみ。
悠希と知広はコンビニで買い込み悠希の家に向かった。

悠希の家は医学部の校舎に程近い、細長いマンションの2階だった。
ワンルームだったが広めで、ウッディな壁の壁面には巨大なワイヤーラックが一面に備え付けられている。
そこにはDVDが一面収納されており、スターウォーズのフィギュアが並べられ、洋服がかけられている。
真ん中には大きめの液晶テレビがあり、ソファに座って快適に見られるようになっていた。

「DVD超いっぱいあるね。」

「DVD観賞が趣味だからね。」

知広は並んでるDVD見渡した。
ハリウッド映画系が多いなか、なにか見たことある日本人俳優の写ってるパッケージがたくさん並べられてることに気がついた。
なにげなく手に取ってみる。

「わわわ…!ともぴょん、それは!!!恥ずかしいから!!!!!」

「え!?なになに!?!?!?」

知広からDVDを取り戻そう慌てて飛び込んできた悠希を押さえつけ、DVDの裏を見た。
男同士が濃厚に絡んでいる写真がたくさん掲載されている。

それは言わずもがな、ゲイビデオで、しかも主演は坂本。
―キングだった。

 

« | »
Tweet