春野知広と村瀬悠希の話

深夜の来客に玄関を見に行った悠希が血相を変えて戻ってきた。

「さ…佐々木くんが来てる!」

「えぇ!?!?!?」

小野さよ子の家で殴り回され犯された嫌な記憶が甦る。

「…善之介にここにオレがいること知らせたの?」

焦って問う知広の問いに悠希は首を横に振った。

「僕なんにも知らせてないよ。週末ここに泊まってたけど…また泊めてって今日は着替え持って…」

「はぁ!?!?!?」

知広の胸が嫉妬と不安と怒りでざわつく。
知広もインターフォン越しに善之介が荷物を持って外にいるのを見た。

「アイツ何やってんの!?」

知広は自分のことを棚にあげ、怒りを噴出させる。

「…ちょ!ともぴょん!!!」

悠希の制止も聞かず、玄関へと駆けていき扉を開けた。

「…と、ともぴょん?」

善之介が目を丸くする。

「…なんでここにいんの!?」

「おっ…お前の方こそ、なんでここに来たんだよ!?」

「オ…オレは…」

善之介が言葉に詰まってしどろもどろになる。

「お前、オレんところに戻ってきたんじゃなかったのかよ!?」

悔しくて悲しくて、知広は流れ出す涙を止めることができなかった。

「お前またオレのことあの部屋に独りにするつもりなの!?!?!?」

知広が善之介の胸にすがりついて殴り始めた。
どうにもこうにも目から溢れる涙の止めかたも分からない。
善之介は黙って知広に殴り続けられていた。

「好き放題ヤるだけヤッて、ヤり捨てなんて酷いよ…」

しばらく殴り続けた知広が、善之助の胸のなかで静かになり始めた。

「…それは…それは悪かったよ。謝る。黙って独りにしたことも謝る。ごめん。」

善之介が、知広の肩を抱いて謝る。
知広のすすり泣きが聞こえる。

「ごめん…今日はともぴょんと帰るよ。」

どうしていいのか分からず、その場でおろおろしていた悠希に、善之介は謝って暇乞いをした。

「う…うん。夜遅いから気をつけて帰ってね。」

悠希も言われるがままに二人を送り出すことしかできなかった。

知広は善之介の車の助手席に乗っていた。

「あ…あの。」

しばらくの沈黙を知広が破った。

「オレも、昨日今日と帰るの遅くなってごめん。」

「…うん。」

善之介がぼんやりと応える。

「…独りのときに考えてたんだけど。」

ちょうど信号待ちになった。

「…オレたち距離置かない?」

「…え?」

知広は自分の鼓動が早くなるのが如実に分かった。
…ドッドッドッドッ
車のエンジン音なんか比にならないぐらいに動機が早くなる。

「…な、なんで?」

知広は早くなる鼓動を悟られまいと、できるだけ落ち着いて話すように心がけた。

「ともぴょんにとってなにが幸せなのか、多分ちゃんと考えるべきだと思ったのと。それを考えると、オレは何をすべきか分からなくなったから。」

知広は意識が遠退くのを感じた。

「距離置かない?」

言葉が重くのしかかり、善之介の言葉はまったく耳に入ってこなかった。

信号が青に変わる。車が走り出した。
車は走り出したのに、赤信号の点滅が知広の頭から離れない。

車はいったいどこを走っているのか?

―ていうか、どこ行くの?オレ???

知広は思った。

 

« | »
Tweet