A King’s Blessing

「…キングが勃った!」

悠希が坂本の耳元でついつい呟く。
坂本は悠希の肌から唇を離し、ふっと吹いた。

「…クララが立った!ぐらい感動的でしょー。」

微笑む坂本の瞳のなかに自分が映っている。
悠希も思わず微笑んで、頷いた。
二人は再びディープキスをした。

「…挿(い)れていい?」

唇を離して、坂本がやさしく悠希に尋ねた。

悠希がこくんと頷くのを見て、坂本が悠希のズボンとパンツを脱がせた。

「村瀬………。」

露になった悠希の下半身を、坂本はいとおしそうに咥えた。

「…あ………」

悠希の口から思わず吐息が漏れる。
坂本の舌の動きに呼応しながら、悠希は腰が浮きそうな快楽に溺れた。

「………あ………あぁ……………あっあっあっ……………」

悠希は左腕を頭の上に伸ばしながら、身をよじらせた。

「………出るっ!………出ちゃうよ!!!」

坂本はいたずらっ子っぽく微笑み、悠希の男根から唇を離して、左手で亀頭をさすりながら、右手の指で尻の穴をまさぐり始めた。

「…ひゃっ!!!………ぁうん!!!!!」

尻の穴に異物を挿入され、悠希は思わず嬌声を上げる。
涙目で不安そうに坂本のほうを見つめる。

「…初めて?」

坂本に尋ねられ、悠希は顔を真っ赤にして、ゆっくりと頷いた。

「男とするの初めてなんだ…」

おどおどと目を逸らせる悠希の顔を見て、坂本は全身の血が腰に集まるのを感じた。
下腹部が熱くなり、今まで感じたことがないぐらいにビンビンに硬くなる。

―――か、かわいい!!!!!

下腹部に無駄に力が入ったのを落ち着けるため、坂本はふぅと一息ついた。

「…オッケー。」

坂本は胸が高鳴るのを抑えるように、敢えて落ち着き払った低めの声を出した。

「…ゆっくり、焦らず、するわ。………これ、大丈夫?」

坂本は悠希の尻の穴をゆっくりと撫で解しながら、中指を挿した。

「…大丈夫?」

ゆっくりゆっくり確かめながら、坂本は悠希の身体に挿入する指の本数を増やし、バラバラと動かした。

「…ここ、感じる?」

三本ほど指を挿れたとき、坂本はついいたずら心を起こして、悠希の前立腺をごりごりと刺激した。

「………あっ………あっ………あっ………あぁっっっっっ!!!」

悠希が堪らず声を上げる。
チンコからはガマン汁が流れる。

「………あー………あー………」

突然の強い刺激に、悠希は一瞬放心している。
目から鼻から体液を流しながら、悠希は顔を真っ赤にして、坂本を見た。

「………れて。」

悠希が鼻水を拭いながら呟く。

「ん?」

聞き返す坂本に、悠希が顔を上げて言う。

「…もう入れて。」

悠希が正面から坂本を見つめて言った。

「キングも気持ちよくなろ?」

« | »
Tweet