坂本がふっとやさしく微笑みかける。
悠希の細い肩を抱きながら、後ろへ倒し、両脚を持ち上げた。

「挿れるよ?」

悠希の尻の穴に、硬くなった坂本自身が押し当てられる。
悠希は瞳を閉じた。

「………あっ」

悠希が背後のシーツを掴んで身をよじる。

「大丈夫?痛い?」

坂本が驚いて腰を退こうとするのを悠希は制止した。

「…だい………丈夫。」

悠希はぱちくりと目をしばたたかせて、上目遣いに坂本の顔を見た。

「平気だから、もっと奥まで挿れて。」

途中まで挿入した坂本も、悠希の締め付けに我慢ができそうにない。余裕ぶっこいてはいられないと、内心は思っていた。

「…力、抜いてね。」

焦りを感じながら、坂本は慎重に腰を進めた。
奥まで、坂本の男根が挿入される。
悠希ははぁとひとつ、ため息をついた。

「動かしていい?」

坂本はしばらく挿して動かさずにいたが、慣れてきた頃に、声をかけた。
悠希が頷く。

坂本はゆっくりと腰を動かし始めた。
前後に揺らす度に、病院のベッドがギッシギッシと音を建てる。

「痛くない?」

悠希は首を縦に振った。

「………あっ………はっ………んっ………」

―――坂本のチンコが僕に入ってる。

坂本の動きを感じながら、悠希は胸を熱く高鳴らせた。
坂本も熱に浮かされたように、顔を紅潮させていた。

「…ねぇ………あっ………キング?」

荒々しい息づかいの合間に、途切れ途切れに、悠希が坂本の名前を呼ぶ。

「…はぁ………何?」

坂本が腰を動かしながら、悠希の見下ろしている。

「………僕のなか、気持ちいい?……………ひゃ!うんっ!!!」

坂本は悠希の奥に男根を挿し込み、少し掻き回した。

「…そんなこと………聞くなんて、余裕だね。」

坂本は悠希が感じるところを突き始めた。

「………あっ!…あっ!…あっ!………あぅん!!!」

前立腺を刺激され、あまりの気持ちよさに悠希が涙声を上げる。

「…先、このままイかせちゃおっか?」

坂本が自らの唇をペロリと舌舐めずりして、いたずらっぽく笑う。

「………あっ!………はぁ!………意地悪………」

「だってさー。」

瞳を潤ませ恨めしそうに見つめる悠希に、坂本が答える。

「スゲェ気持ちいいんだもん。」

坂本が腰を動かす。

「オレの方が先イきそ。」

坂本がニヤリと笑って、いっそう激しく腰を振り始めた。

「…あっ…あっ…あっ…あっ…あっ!」

悠希が激しく身をよじらせる。
頭がボンヤリして、悠希は股間だけがピクピクとひきつるのを感じていた。

「…あ………ん…………うっ!………ああああああ!!!」

身体がビクンと痙攣した。

―――気持ちいい。

えもいわれぬ解放感に包まれる。
と、同時に、悠希は尻のなかがぬるぬると温かくなっていくのを感じた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA