Gang! Bang!

「んーーーーーーー!んーーーーーーー!!!」

―――身体が熱い。

だらりと舌を出し、腰を捩らせ叫び続ける。
悠希にはこの数十分が数時間に感じられた。

「んーーーーーーー!んーーーーーーー!!!」

涙を溢すだけでは耐えきれず、悠希は啜り泣きを始めていた。

「お。本郷さんじゃなーい。」

LINEを観て二人連れの男が連れ立ってやって来た。

「本郷さん、相も変わらず鬼畜だね~。」

男達は悠希を品定めするように上から除き込んだ。

「ま、かわい子ちゃんとヤらしもらえるからいいんだけどさ。」

「よだれ垂らしてエロいね~。まだヤっちゃダメなの?」

男達が口々に話し始める。

「スゲー、オレ動画見てる時点で勃起したまま来たわ。」

嘲るように笑う男達を本郷が制止する。

「まぁ待てよ。もう少しギャラリーが集まってから…」

「テメェ!なんだこの野郎!?!?!?」

本郷が話し始めたとき、入り口付近で人が騒ぐ声がした。
ドォッと人が倒れる音がする。
ガチャンガチャンと扉が開けられていく音が近づいてくる。
バタバタと人が騒々しく走る。

「…村瀬っ!!!!!」

扉を開けて駆け込んできたのは、坂本だった。

「村瀬っ!!!!!!!!!!」

坂本は長髪を振り乱し、息を切らせていた。
拘束された悠希の前に立っている、本郷の姿が目に入る。

「………本郷………さん?」

坂本は目を丸くして立ち尽くした。

―――悠希を捕らえたのは本郷さん?

坂本のなかですべてが繋がる。

その瞬間。
その場にいた二人連れの男のうちのひとりが坂本に殴りかかる。

「テメェ!オレらの楽しみの邪魔してんじゃねぇよ!!!!!」

坂本は殴られた頬を拭った。
口のなかが切れる。

「うるっせぇよ!この下衆が!!!!!」

坂本がフックで殴り返した。

「もっとマシな楽しみ見つけてろ!!!!!!!」

倒れ込んだ男は、踏みつけてくる坂本を寸でのところで転がってかわす。
バランスをヨロヨロと崩しかけた坂本を、もうひとりの男が後ろから羽交い締めした。

「離せ!!!このボケ!!!!!」

坂本が後ろに肘鉄を食らわせようともがく。
男が必死に坂本を押させつけようしているうちに、転がっていた男が起き上がり、坂本の顔を右手の拳で数発殴る。
坂本の鼻からは鼻血が流れ、目の前には火花が飛んだ。

ほとんど見えない状態で、坂本は前蹴りを繰り出し、殴ってくる男を牽制しながら、羽交い締めから逃れようと無茶苦茶にもがいた。

「しつけーんだよ!」

殴っていた男が坂本の襟首を掴んで床に叩きつけ、馬乗りになり、さらに何発も上から殴り付けた。
坂本がゲホゲホと咳き込む。

「おいおい!沖田~。殺すなよ~。」

羽交い締めにしていた男が、殴り続ける男―――沖田を茶化した。

沖田は坂本の襟首を掴み、二、三度頭を床に叩きつけた。

「沖田ー。お手柔らかに頼むぜ。」

本郷も諌めた。

「そいつはオレの大事な愛人だからさ。」

本郷の言葉を聞き、沖田はようやく手を止めた。
坂本はぐったりとして動かない。

悠希がうんうんと動物のように喚く声だけが虚しく響いていた。

« | »
Tweet