ソファの脇にあるカフェテーブルの上に置いてあった、坂本のケータイ画面が光る。

「今度の土曜日、会える?ともぴょんも来るんだけど。」

LINEのポップアップが出ているのが、本郷の目に入った。
坂本は本郷の部屋のシャワーを浴びていた。
今日は「愛人契約」の日だった。

もちろん他人の携帯を見てはいけないことを知っていたが、気になる衝動を本郷は抑えられなかった。

ケータイを開く。
パスコードはこれまで何度も、坂本の手元を盗み見て知っていた。
坂本が風呂場から出てきはしないかとハラハラして、心臓が口から飛び出しそうになるのを本郷は感じていた。

悠希とのLINEに既読をつけた。
過去のやり取りを遡り、先日六本木のラブホテルで鉢合わせた男だと気づく。

「了解。夜でもいい?」

本郷はLINEを打ち返した。

「うん。」

悠希から即レスが入る。

「じゃ19時。いい店あるから中目黒駅で待ち合わせでもいい?ともぴょん来る前に二人で話したいんだけど。」

本郷のレスに既読がついた。
迷っているのか返信がなかなかつかないことに、本郷は焦ってイライラした。
風呂場の扉が開く音が響く。

「いいよ。ともぴょんには20時頃って伝える。」

返信まで5分かからないほどだったが、本郷には永遠にも感じられた。

「じゃ、19時中目黒駅で。」

悠希から「了解」というスタンプが来たのを確認し、本郷は今夜自分が悠希とやり取りした履歴をすべて、坂本の端末から削除した。

―――潰す。

本郷の胸にチリチリと灯ったどす黒い嫉妬の炎が瞬く間に延焼し、胸を激しく焦がす。
「ともぴょん」という人間が誰なのか、本郷は知らなかったし、知ろうとも思わなかった。
ただ悠希を誘き出し、てぐすねを引いて待ち構え、二度と坂本の前に現れられなくしてやることを、本郷は考えた。

「本郷さんち、風呂まで広いね~。」

坂本がパン一で、髪をバスタオルで拭きながらリビングに入ってきた。

「稼いでるからな、それなりに。」

本郷は何事もなかったかのように微笑み、坂本に右手を差し伸べた。
坂本が差し伸べられた手に、左の頬を近づける。

「おいで。」

ペットの大型犬のように、坂本は本郷に従順に従い、ソファに横たわる本郷に馬乗りになった。
本郷が坂本の唇にキスをする。
ディープに舌を絡め合わせる度、延びた髭が口元に当たってチクチクするのは、ある種心地よい痛みでもあった。

「………ふっ。」

本郷が唇を離し一息ついた。
坂本の股間を見たが特に変化がないことに、本郷は少し落胆する。

それに気づいてか気づかずか、坂本が声をかける。
「本郷さん、半勃ちっすね~。」

「おう…舐めて…」

坂本はソファの下に跪き、本郷の股間へと顔を埋めた。
坂本の舌の動きに身を任せ、とろとろに蕩けながら本郷は、次の週末に向けて考えを巡らせていた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA