佐々木善之介が家を出てから3週間が経った。
知広のいる家に帰るでもなく、シティホテルを転々としていた。
この日も授業が終わると、歓楽街に赴き適当に夕食を済ませ、ホテルに帰ろうとしていた。

LINEには知広から「会って話したい」というメッセージアラートが着ているが、善之介は開かなかった。

人がひしめく大通りを縫って、裏の路地に入る。
裏路地はラブホテル街になっている。

そこで善之介は、村瀬悠希がひとり。
ケータイをチェックしながら歩いているのを見かけた。
マップかなにかを見ながら道に迷っているようでもある。

「…村瀬?」

善之介に呼び止められ、悠希がハッと顔を上げた。

「なにやってんの?こんなところで独りで。」

「え?…えっとぉ…」

思いがけない場所で善之介に会い、悠希はたじろぎ、しどろもどろになった。

「…ま、待ち合わせ?…かな。。。」

「ラブホで?」

善之助が間髪を入れずに質問する。
怪訝なのか、不安そうな、悲しそうな顔をしていた。

「え?…えー…っと。。。」

悠希は誤魔化す言葉も出てこず、俯いてしまった。

「…恋人できたの?」

「…え?…あ、うん。。。」

善之助の問いに曖昧に返事するよりほか、悠希は答えられなかった。
まさか今から、ゲイビの撮影に行くとは言えない。

「…そっか。」

善之介が心なしか寂しげな顔をする。
長い沈黙のあと、善之助が引き続き話始める。

「…そうかぁ。よかった。…前相談してたヤツ?」

「…う、うん。」

悠希は微笑みながら適当にお茶を濁すしかなかった。

その時である。
ガッッッッッ!!!!!
左側から走ってきた坂本に殴られ、善之介が吹っ飛んだ。

「…てめぇ!こんなところでなにやってんだ!?!?!?」

口許を拭いながら善之介が立ち上がった。
倒れ混む善之介に坂本が尚も向かってくる。

「恋人泣かせといて、ナンパしてんじゃねーよ!」

「ナンパじゃないし!!!いきなりなんなんだ!?!?!?」

向かってくる坂本の襟首を掴み、善之介が投げ飛ばす。
思わず坂本に駆け寄る悠希の手を坂本は振り払い、善之介に再び殴りかかった。

「ともぴょん、いつ見ても泣いてんじゃねーか!お前に振り回されてんだろ!!!」

「ともぴょん、お前に関係ないだろ!!!!!」

突然始まった、ガタイのいいイケメン同士の掴み合いの喧嘩に、周囲の人が振り替える。
遠巻きにこちらを見て立ち止まるギャラリーも増えてきた。

「距離とか置いてる間に、オレが無理矢理奪っちまうぞ!!!」

坂本の顔が怒りと悲しみでで紅潮している。
泣いてるのかもしれない。
一瞬怯んだ善之介を突飛ばし、倒れこんだ上から坂本が馬乗りになった。

「ともぴょん、どんだけお前のことが好きだと思ってんだよ!?!?!?!?!?」

坂本が善之介の襟首を掴んで、上半身を引っ張りあげる。

「好きなヤツ、傷つけてんじゃねーよ!!!!!」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA