「…撮影ってなんの撮影?」

黒塗りの車を見送りながら、善之介が口を開く。
悠希は黙って俯いた。

「………」

俯く悠希を、怒ったようにしかめっ面をして善之介が見つめる。

「ふっ…」

それを見て坂本が鼻で笑う。

「…お前に関係なくない?つか、この子、アンタの新しい彼氏なの?そしたら別だけど。」

善之介が坂本を睨み付けた。
気にせず、むしろ挑発的に、坂本は続けた。

「…彼氏なら助けてやれよ。金ないらしいから。…てかさ。」

坂本がため息をつく。

「ともぴょん毎日泣いてんし、こいつはゲイビに出るっていうし、アンタ、何やってんの?」

「…ゲイビ!?!?!?」

善之介は驚いて目を見開き、悠希を見た。

「…ちょ!!!」

悠希が坂本をおさえる。

「村瀬!ゲイビってなんだよ!?」

善之介が悠希の肩を掴んで自分の方に振り向かせようとする。

「ゲイビ出るほど金に困ってるなら、オレが…」

「…ちょっ!離して!!!…関係…関係ないでしょ!?!?!?」

力づくで振り向かせようとする善之介を振り払いながら、悠希が叫ぶ。
思いの外強い力で抵抗する悠希に、善之助は一瞬怯んだ。
関係ないと強く言われたことがショックでもある。

「お…お金は困ってない!…僕…僕、ただキングについて行きたかったんだ。」

善之介の手を振りほどき、悠希は坂本に駆け寄って、言い放った。

「…僕、キングと一緒にいたいから。」

坂本も驚いて悠希の顔をまじまじと見た。
見つめる坂本をまっすぐに悠希は見ている。

「僕、キングが好きなんだ。」

悠希は続けた。

「君と一緒にいられるなら、僕はなんだってする。」

唐突だが、真剣で力強い告白にいたたまれななくなって、善之介は踵を返した。

「佐々木くん!」

去ろうとする善之介に悠希が声をかける。

「…ともぴょん、…大事にしてあげてよ。」

好きになりかけていた悠希の言葉が重くのしかかる。
悲壮感と罪悪感が入り交じるつらい気持ちが押し寄せ、腹がしくしく痛む。

善之介は振り返りもせず、その場を後にし、ホテルに向かった。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA