勃起しなくても、次の撮影のスケジュールはやってくる。
坂本は珍しく勃起促進ドリンクを飲んだ。

「…悠希と付き合ってんの?」
「…悠希、お前のこと大好きだし。」
「なんで悠希と付き合わないの!?意味分かんないんだけど!!!」

坂本の気持ちを知っていながら、自分と目も合わせずに、悠希を推してくる知広の行動を思い出しては胸が痛む。

―――悠希はいいヤツだって分かってるけど、オレはお前が好きなの!!!!!

知広への愛情が巡り巡って傷ついて、ほとんどトラウマになりかけているのを感じた。
多分、このまま沈んだ気持ちのままだと今日も勃起しない自信がある。

いつものようにネコ役の男性と軽い会話。
いつものように軽くキス。
いつものようにディープキス。
いつものように乳首を弄る。
いつものように相手の男根を手コキで抜く。
いつものようにフェラチオをしてもらう。

知広ではない男のフェラチオでは、思った以上にピクリともしないチンコに、気持ちだけが焦る。
むしろ、こんなことをしている自分に嫌悪感と虚無感を覚える。

撮影している周囲の人々がイライラし始めている空気を感じ、坂本は針の筵に座っているような気持ちだった。

「…ぷっ………はっ……………。」

そのうち顎が疲れたらしく、相手役の女優が口を離す。

「…す、すみません。」

坂本が監督に深く頭を下げる。

「オレ、勃ちません!!!」

「『勃ちません』じゃねーんだよ!お前何年汁男優やってんだ!?!?!?」

台本が坂本のほうに飛んできて、バサッと当たった。

「お前のためにどんだけの人間集まってると思ってんだ!?チンコ勃たせるのがお前の仕事だろ!?!?!?」

監督がヒートアップする。

「どうするよ?お前ネコするか???」

「は…」

坂本が申し訳なさそうに頷きかけたその時、本郷が割って入った。

「…まぁまぁ。ちょうど代わりの男優心当たりありますからすぐ呼びます。」

坂本は何もできない自分に無力感を感じ、俯いて黙っていた。

坂本はビルの外、目立たないところで、本郷が仕事を終えるのを待っていた。
助けてくれた礼を一言言いたいと思ったのだ。

「本郷さんっ!!!」

ビルから出てくる本郷を呼び止める。

「さっきはありがとうございました。」

「そんなこと気にすんなよ。…ちょっと話すか?」

二人は近所の喫茶店に入った。

「お前まだプライベート引きずってんのか?」

「…はい、まぁ。」

本郷がコーヒーを飲むタイミングで、坂本もコーヒーを口にした。

「よくないのは分かってるんで…いろいろ、諦めます。もう少し時間かかるかもしれないけど。」

本郷は坂本の顔を見たまましばらく黙っていた。

「…お前さ。」

コーヒーカップの取っ手を玩びながら、本郷が話す。

「男優辞めて、オレの愛人にならないか?」

突然の申し出にどういう反応をしてよいのか迷い、坂本は無表情で沈黙した。

「金は要るんだろう?でも、勃たないんだろう?」

本郷は組んだ手をテーブルに乗せ、前のめりに話した。

「…は、はぁ。」

坂本が混乱して曖昧に返事する。

「じゃあ、今後の撮影、とにかくキャンセルして、な。」

「…あ。………は、はい。」

「契約は週末2回で30万でどうだ?わりよくなるだろ?」

「は、はぁ………で、でも!」

本郷のペースに飲まれていた坂本だったが、ようやくまともに切り返した。

「オレ、しばらく勃たないかもしれませんよ?」

坂本が本郷の顔をマジマジと見つめた。

「それは…」

本郷が坂本をしっかりと見つめ返す。

「いいよ。キングがヤる気になるまで待つから。」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA