響き渡る電子音に身を任せながら、坂本は、ホールの隅のほうに座って静かにグラスを傾けていた。
一時的なものだろうが、腹に響く重低音に、胸につっかえた痛みが溶けていくのを感じる。

爆音のなか、色とりどりのライトに照らし出され、諸手を上げて騒ぐ人々の狂騒を見つめていると、不思議と自分の心が平静になっていく。
知広を思う心の痛みも、リズムと酩酊のなかに溶け込んでいくのだ。

「…ねぇ。」

瞳を閉じて音楽に身を委ねていた坂本の耳元で男が囁く。

「火、貸してくんない?」

坂本はゆっくりと瞳を開けた。
左耳にピアスをした髪をオールバックに撫で付けた男が煙草を加えている。
坂本はデニムのポケットからライターを取り出し、火をつけた。

男は煙草を燻らせながら、空いていた坂本の隣に腰かけた。

「独り?」

顔が近い。

「相手探してんだけど、これからどう?」

男の手が坂本の股間に伸びる。
坂本は男が弄るのを好きにさせていた。

「………はぁ。」

思わず吐息が漏れる。
感じる坂本を男は満足そうに目を細めた。
坂本か男に唇を寄せる。

「…トイレ行こっか。」

壁面が毒々しく赤く塗られた、トイレの個室。

「…あ………ふ……………。」

男の舌が坂本のチンコに絡み付く。
坂本がピクピクと感じるのを見て、男は棹を思い切り吸い上げた。

「………あ、くっ。…はぁ。」

たまらず坂本は呻き声を漏らした。
とろとろととろけるように、坂本は男の舌使いに委ねていたが、一方で内心焦っていた。

―――勃たねぇ………

腰へ甘いうずきを感じこそすれ、チンコは半ダチ状態で、以前のように直下たつようには勃起しなかった。

―――交代…しようかな…

坂本が弱気になったその時だった。

ガタッ!ガタガタガタガタガタッ!!!!!!!

「………………ッ!!!!!」

トイレの外扉が派手に開いた。

「お兄ちゃん、かわいいじゃ~ん。」

酔って下卑た片言の日本語が聞こえる。

「楽しませてよ~。」

「……………やっ!!!!!」

掠れた声にならない声。
坂本たちのいる個室を通りすぎ、奥の個室までジリジリと後退りする音が聞こえる。

「…かわいいねぇ………かわいい……………」

―――ホモが酔って絡んでるんだな。

坂本は思った。
一緒に個室に入っている男と共に、固唾を飲んで息を凝らした。

「…あ………やっ…………やだっ………………!!!!!!」

恐怖からか、襲われるのであろう男の掠れて声にならない声が聞こえる。

「…キッ………キッ………………キングッ!!!!!!」

ほとんど裏返った金切り声で自分の名を呼ばれるのに驚き、坂本は思わずズボンを上げ、個室の外に出た。

そこには外国人に抱かれる男―――悠希がいた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA